ぐるっとネットdeオープンルームVRの内容は?大京穴吹不動産て?

Sponsored Link

2016年9月15日から始まったぐるっとネットdeオープンルームVR

大京穴吹不動産が提供しているようです。

不動産サイトでは以前から動画がちらほら見られるようになって来ています。

どんなサービス内容でしょうか?

ぐるっとネットdeオープンルームVRは流行る?

vr4

(スマートフォンで見たVR画面)

ぐるっとネットdeオープンルームVRの使い勝手はいいのでしょうか?

流行るのでしょうか?

どんなシステム?

大京穴吹不動産では、2016年5月から360度のパノラマ画像を閲覧できる

ぐるっとネットdeオープンルームを提供していました。

現在も、PCやスマホサイトから閲覧できます。

daikyou-anabuki1

しかし、今回のぐるっとネットdeオープンルームVRは、

さらにVR(仮想現実)技術を用いてバーチャル見学ができるシステムになっています。

どうやって使うの?

VRゴーグルと呼ばれる箱型の装置とスマートフォンを使います。

vr

VRゴーグルは今のところ

大京穴吹不動産の全国の営業拠点70店舗に導入されており、

そこでしか利用ないようです。

vr2

ぐるっとネットdeオープンルームVRを見るには、

1.VRゴーグルが導入されている店舗へ行き

2.スマートフォンサイトで売買・賃貸物件を閲覧する際に、VRゴーグルと呼ばれる箱型の装置にスマートフォンをセットします。

3.上下左右に動かすと天井や室内全体を見ることができます。実際に部屋の中を見学しているような臨場感で物件見学を疑似体験できます

9月15日現在、約 880 物件(売買物件約 700 件、賃貸物件約 180 件)が

VRゴーグルを用いた見学に対応しています。

今後も増えていくと考えられます。

vr3

(VR画像の撮影風景)

なぜ開発されたの?

探している物件から離れて暮らしていて、

すぐに物件を見学できない人や、

短期間で複数の物件を見学したい人、

資金援助などの関係で遠方の両親にも物件を見てほしい人

に役立ってほしいと開発されました。

 

また、大京グループは台湾や香港にも事務所を持っており、

訪日しなくても日本の物件を仮装見学できるように開発したようです。

 

確かに、訪日するよりは事務所を訪れ、

集中的に動画を見られれば、物件を絞るのも効率的ですね。

遠方はVR活用、近場はぐるっとネットdeオープンルームを活用

近場の物件を探す場合は、サイトでサクッと見られる

ぐるっとネットdeオープンルームが便利だと思います。

ぐるっとネットdeオープンルームで見学物件を絞り、

来店して目的の物件を見学する流れで充分です。

 

しかし、遠方の物件を探す人には、VRが合っています。

遠方の物件は簡単にいくつも見学できませんから、VRでバーチャル見学をした上で、

実際に見学したほうが印象が異なることは少なくなると思います。

 

特に台湾や香港などの海外を見据えているから、

こんなサービスが始まったのかなと思います。

 

流行るかどうかは微妙ですが、便利なのは間違いないですね!

大京穴吹不動産て聞き慣れないけど有名なの?

Sponsored Link

ところで、大京穴吹不動産て聞き慣れない名前ですよね。

大京リアルドなら聞いたことあるけど?

大京グループの大京リアルドなら聞いたことありますが、

大京穴吹不動産て聞き慣れないなと思っていたら、

 

大京リアルドが2015年4月に株式会社穴吹不動産センターを吸収合併し、

株式会社大京穴吹不動産に社名を変更していたんですね。

 

知らなかった。。

 

大京リアルドも2007年4月に株式会社大京住宅流通から社名変更しているので、

けっこう社名変わっていますが、ブランドイメージ大丈夫かしら?

 

まあ、大京グループだから大丈夫なのでしょうが。。

まとめ

ぐるっとネットdeオープンルームVRは、VR(仮想現実)技術を用いてバーチャル見学ができるシステムで、遠方の物件を探していて実際の見学が難しい方向けに開発されました。

店舗へ出向いて、VRゴーグルと呼ばれる箱型の装置にスマートフォンを設置するため、自宅で簡単に動画閲覧とはいきませんが、店舗で集中して探すには便利です。

自宅で閲覧するには、5月から提供された、ぐるっとネットdeオープンルームPCやスマホで閲覧する方法があります。

VRのようなバーチャル体験はできませんが、使い分けるといいですね。

 

 

Sponsored Link

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアズホームをフォローしよう!


記事が気に入ったらとりあえず「いいね」!

コメントを残す