医療費控除で領収書(レシート)なくしても申請する方法

Sponsored Link

確定申告が始まりましたね!
今年2017年は2月16日(木)から3月15日(水)までです。
2月中には準備して、余裕をもって申告したいものですね。

特にマイホーム減税を受けたい場合は、取得した翌年に必ず確定申告をしなければなりません。
(2年目からは会社の年末調整で大丈夫です)

これまで確定申告をしたことがない場合は緊張するかもしれませんが。

この時期には特設の相談スペースもありますので、必要書類をもって早めに相談すれば、その場で教えてもらいながら記入することもできると思います。

詳しくは、所定の役所に聞いてみてくださいね。

 

さて。
今回はローン減税のお話ではなく、医療費控除のお話です。
というのは、昨年、azが実際に医療費控除で困ったことがあったからです。

それは、医療費控除に必要な

領収書(レシート)をなくしてしまった、こと。

しかも金額は2万円。

諦めきれずにazがやったこととは?

 

確定申告とは

そもそも確定申告ってな~に?という方のためにおさらいです。

確定申告の対象は「所得税と復興特別所得税」です。

源泉徴収された税金や予定納税で納めた税金などとの過不足を精算する手続です。

つまり、予定で多く払った分を取り戻したり、少なかった分を徴収してもらったりするための手続きです。

毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた全ての所得の金額とそれに対する所得税及び復興特別所得税の額を計算し、申告期限までに確定申告書を提出します。

医療費控除とは

確定申告の時によく聞く医療費控除。

一体何なのでしょうか?

医療費控除は、医療費を払い過ぎた分に対して、税金を軽減してくれる措置です。

自分や家族のために支払った医療費等の実質負担額が、年間(1~12月)10万円(所得金額が200万円未満の人は「所得金額×5%」の額)を超えた場合、その超えた金額をその年の所得から差し引くことができます。

控除できる金額の上限は200万円です。

ただ、保険金などで補てんされた場合はその金額を差し引かなければいけません。

 

医療費控除をしたいのにレシートをなくしてしまったら

Sponsored Link

医療費控除をしたいのに、レシートをなくしてしまった。。

家中探しても見つからず、少額のことなのにイライラして、普段からきちんと管理していればと自己嫌悪に陥る。

それは、azの話です。
az家は一昨年の年末に第二子が生まれたため、一昨年の医療費が20万円ほどになりました。
高額な妊婦検診費を払っているときから、医療費控除するからときちんと取っておいたはずの領収書。

どうしても1枚だけ見つからなかったのです。

しかも、「失くしそうだから、ここにしまっておこう」と大事にとったはずのレシートでした。
妊婦検診は「医療」ではないので、通常は健康保険がききません。
2万円ほど支払った領収書です。

一番厄介なのは、医療機関の領収書はほとんどが「再発行不可」なこと。

ダメもとで電話して「再発行できないか」泣きついてみましたが、やはり、ダメでした。。

2万円の還付は最大2000円なので、2000円失くしたと思って納得しようとしましたが。
ちょっとあきらめきれない。。
たかが2000円ですが、これによって保育園料が毎月2000円ペースで上がったりしますからね~。

で、いろいろ調べてみた結果。
「領収書がないと医療費控除はできないのでレシートはなくさないようにしましょう」
でした。

いや~、わかってるけど、なくしちゃったのよ。
やっぱりダメなのかしら、とさらに落ち込むorz

でも、1つだけ、ヒントがありました。

税理士か弁護士の方のHPだったと思いますが。

・必ず領収書を提出しなければならないわけではなく「誰が、どこの医者にかかり、いつ、いくらの支払いをしたか」が分かればいい

という記述を見つけました。

これだ~!!

でも、ダメだという意見が大多数だし、提出してみるまで分からない。。。

で、やってみました、昨年2016年の確定申告!!

見事に受理されて、還付金を受け取れたんです!!

やった~^^

失うものはないから、やってみる価値はありますね!

 

領収書をなくしても医療費控除を受ける方法

money_receipt

弁護士の方のHPにあったように、白紙に以下の必要事項を書きました。

・支払者の氏名
・支払先の医療機関名
・支払日
・支払額
この病院には何度か通院しており、ほかの日も同じくらいの金額の支払いをしていたので、受理されたのかなとも思いますが。
この病院の領収書の形式をまねて、手書きで書きました。

 

領収書がない状態で提出するとき

確定申告シーズンになると、作成コーナーなどが設置され、係の方が対応してくれます。
ただ、この係の方は、アルバイトで素人の方がほとんどなのですね。
なので、係の方に

・医療費控除をしたいが1枚だけ領収書をなくした
・領収書失くしても申請できると聞いたができるかどうか

質問したところ、「できない」と返されました。

で、書類提出の時も、念のため聞いてみたのですが、「わからない」との回答でした。
その方は、書類の不備だけ精査して、不備書類がないかどうかを確認する係だったと思います。

提出後、領収書を受理できなければ、税務署から電話が来るだろうなと思っていましたが。
電話も来ず、無事に還付金も振り込まれました^^。
今後、万一、領収書をなくしても、半泣きになって家中探さなくてよくなりそうです^^
もう、なくさないようにしますがね。。

e-taxなら領収書を提出しなくてOKですが

家中探しても領収書がなかった時。
e-taxなら領主所が必要ないからいけるんじゃない?と思ったaz。

調べてみると、確かに「提出はしなくてもいい」のです。
でも、提出を求められた場合に、提出する義務があります。

そして、5年前から毎年e-taxを利用している友人から聞いた話によれば。
1度だけ、税務署から提出するように言われたことがあるそうです。

…。

抜き打ちでやっているのかなとも思ったのですが。
やっぱり嘘はつけないし。

そもそも、e-taxは準備しないといけないものがあり。
2017年現在はマイナンバーカードがないとできず、発行に時間がかかるので、今からは無理なんですよ。

 

医療費控除で領収書がないときのまとめ

領収書をなくした場合でも医療費控除を申請できる場合があります。

方法は、必要事項を白紙に書いて、ほかの領収書と一緒に提出します。

自治体によってはできない場合もありますし、紛失分が何枚もあると疑われるかもしれません。

あくまで、どうしても見つからない場合に、「できればいい」くらいで提出するといいですね。

Sponsored Link

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアズホームをフォローしよう!


記事が気に入ったらとりあえず「いいね」!

コメントを残す