住宅ローンの支払い中の離婚はさらなる悲劇!夫が払えなくなれば妻が?

Sponsored Link

離婚は結婚の3倍の労力が必要とも言われますが、共有財産に不動産が含まれる場合は、金額も高いだけに分与も大変そうです。

三船美佳と高橋ジョージがやっと離婚し、落ち着いてから三船が東京都内の豪邸の財産分与を申し立てたのが記憶に新しいですが。

高橋ジョージ独りで住み続けるマイホームのローンは驚いたことに三船が払っているようですよ。

財産分与が上手くいくといいですね。。

さて、一般人の離婚の場合もいろいろなパターンがあるようです。

離婚したら住宅ローンの支払いはどうなるの?

21

一般的に、離婚したら、住宅ローンの支払いはどうなるのでしょうか?

不動産さんには「住宅ローン名義人」と「所有名義人」がいます。
住宅ローンは金融機関との契約なので、家の所有名義人と異なる場合があります。

誰が名義人となっているかをきちんと確認するのが大切です。

また「連帯債務者」や「連帯保証人」が誰かどうかの確認も大切です。

1.住宅ローンの名義は夫のまま→夫が家を出て妻子が住み続けるケース

未成年の子どもがいる場合、このケースを選択する方が多いようです。

養育費の代わりに夫がローンを払い続け、離婚した後も妻子の生活環境を守るためです。

しかし、離婚によって家を出た元夫の経済的な負担は大きくなり、自分が住んでいない家のために多額のローンを払っていくのは難しいようで、以下のようなリスクが考えられます。

リスク1
住宅ローンの名義人が夫で、財産分与により所有名義を妻に変え、夫が家を出てしまった場合。
債権者である金融機関が、「住んでいることが住宅ローン名義人の条件なのに住んでいないのは契約違反」と見なし、ローン残債の一括返済を求めてくる場合があるようです。
住宅ローンはマイホームのために金利が抑えられているため、悪用されないためにですね。

ただし、金融機関も冷徹ではないので、そうなった場合にも担当者と話してみると譲歩してくれる場合もあるかもしれません。

リスク2
元夫が経済的に困窮し、住宅ローンの支払いを滞り債権者が抵当権を行使した場合。
元夫に支払能力がないと判断されれば、財産分与で妻が得た家は差押えられ、競売という最悪のシナリオが加速する可能性が高くなります。
競売物件になると立ち退きの強制執行を余儀なくされ、追い出されます。

リスク3
妻が元夫の連帯保証人で、元夫が再婚や失職などの何らかの理由で住宅ローンの支払いを滞納した場合。
妻は元夫に払うように働きかけ、それでも元夫が支払いに応じない場合は「元夫に請求してほしい」と債権者に主張することもできません(連帯保証人は催告の抗弁権を持たない)。

直ちに連帯保証人である妻に、住宅ローンの残債について支払い義務が生じます。

以上のようなリスクに備えて

・法的効力のある公正証書に記しておく、

・住み続ける方法として任意売却の知識を持っておく

など、当事者(ローン名義人である元夫・金融機関などの債権者・財産分与で不動産を得た妻)にとって、より良い対処法を考えておくことが大切なようです。

2. 住宅ローンの名義は夫のまま→妻子が家を出て夫が住み続けるケース

家を出た妻が連帯保証人のままだと、離婚してもその責務は残ります。
元夫がローンを滞納してしまうと、妻のところに督促(支払い請求)が来ます。

そうならないために、離婚の時に連帯保証人を外れた方がよいのですが、方法として、ローンの借り換えや一括返済など、経済的に余裕がない場合はどれも現実的ではないようです。

協議離婚であれば、連帯保証についての決め事を夫(妻)と話し合い、妻(夫)が有利になる条件をしっかり「公正証書」に認めておくことが大事なようです。

例えば。
「離婚後、主たる債務者である元夫が住宅ローンを滞納し、連帯保証人である元妻がその支払いの肩代わりをした場合、債務処理に費やした負担金の全額を元夫に請求できるものとし、元夫はこれに応じなければならない」
との内容にしておけば、住宅ローンを滞納した本人(元夫)に最終的責任を負わせることが出来るようです。

3.住宅ローンの名義を妻に変更→夫が家から出て妻と子が住み続けるケース

住宅ローン名義人を夫から妻に変更するのは、妻単独の収入でローンを返済できるのかがポイントになります。
妻の返済能力に問題なしと判断されれば、名義変更は可能かも知れませんが、極めてまれです。
離婚する妻の多くは、元夫の収入や勤続年数に匹敵する支払能力がないためです。
ただ、どうしても名義変更したい場合は以下の方法があります。

(1)ローン完済後に変更
元夫名義の住宅ローンが完済するのを待ち、完済と同時に名義変更手続きをする。
ただし、完済するまでに20~30年かかるため、長期戦となります。

離婚の際に対象となる住まい(不動産)の名義変更についての取り決めを、離婚協議書や法的効力のある公正証書に記しておくことが大切です。

(2)住宅ローンを借り換える。
安定した収入や財産がないと難しいですが、住宅ローン残高に対して妻名義で借り換えることができれば名義変更も可能です

夫が支払えなければ妻が支払う?

Sponsored Link

離婚しても、「連帯債務者」や「連帯保証人」であれば支払いの責任は残っていますので、注意が必要です。

離婚しても連帯保証人になって支払い義務が発生

「2. 住宅ローンの名義は夫のまま→妻子が家を出て夫が住み続けるケース」で前述したように、連帯保証人を外れるために、連帯保証についてしっかり「公正証書」に認めておくことが大事です。

住宅ローンの残る不動産は財産分与の対象になるの?

離婚の際に、結婚して夫婦で住んでいた家(不動産)は住宅ローンが残っていても財産分与の対象になります。

分与の仕方は以下のどちらかが分かりやすいと思います。

1.売却してお金を平等に分ける

こちらが分かりやすいですし、分与しやすいです。

ただし、
1)ローン残債より家の価値のほうが上回る=アンダーローンの場合は
売却代金をローン残債の支払いにあて、残ったお金を容易に分与できます。

しかし、

2)ローン残債より家の価値のほうが下回る=オーバーローンの場合は
分けるお金もマイナスになってしまいます。
すなわち、家を売ってもローンが残ってしまうので通常の売却ができません。

夫か妻どちらかに資金的余裕があれば、先に繰り上げ返済などでアンダーローンの状態にして売却し、売却金をローン残債に当てます。
先に繰り上げ返済した分を、負担しなかった方に返済してもらう形も取れます。

しかし、どちらにも余裕がない場合は、アンダーローンになるまで支払う必要があり、複雑です。
任意売却という方法もあるようですが、いずれにせよ、専門家に相談したほうがいいようです。

2.不動産の価値を査定し、査定額の約半分を所有者が非所有者に渡す

不動産は半分に分けることが難しいため、不動産の価値の半分を現金で支払う方法です。
この場合、不動産以外に現金を所有しているか、すでに不動産の住宅ローン返済が終わり、不動産を担保にして借金できる場合は比較的容易に解決しそうです。

住宅ローンを返済している場合は、それよりも収入が多ければ、分割して支払うこともできそうです。

高橋ジョージと三船美佳のケースがこちらに当てはまりそうです。

まとめ

離婚して家の名義が夫(妻)のものになり、自分は住まなくなったとしても連帯保証人になっていれば責務は残ります

連帯保証人を外れるのは難しいですが、協議離婚の場合は、「公正証書」に条件を書き込むとよいようです。

住宅ローン支払い中の不動産も財産分与対象となりますが、ローン残債がたくさん残っている場合は売却が難しい場合があります。

何とか早く売却して金の縁も切りたいですね。

そのためには、新婚早々での不動産購入は避け、長く一緒に居られそうと思って住宅購入へ踏み切った場合も、
無理な住宅ローンを組まないのが一番なのかもしれません。

 

 

Sponsored Link

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアズホームをフォローしよう!


記事が気に入ったらとりあえず「いいね」!

コメントを残す