STAYJAPANがairbnb以外の民泊サイトでおすすめ?拝啓、民泊様。の大田区物件は泊まれる?

Sponsored Link

拝啓、民泊様。のロケ地を探していたところ、実際に民泊できることが判明しました!

ドラマでは最大収容人数10名にしたところ、4組が押しかけてきて、泊まれないよ!とパニックになったのですが。

実際は、ちゃんと10名泊まれるようですよ!

ドラマファンが殺到しないうちに、予約しておいた方がいいですね!!

山下が購入した一軒家は本当に民泊できた!

ootaku

引用元:STAYJAPANより

こちらで推測したように、馬込駅近の物件だったのですね。

ドラマ「拝啓、民泊様。」のロケ地は大田区?マンションで民泊できる?

 

好立地で駅近の馬込駅徒歩3分

ドラマロケの家に実際に民泊できるなんて、面白いですね!!

大流行りのポケモンGO!はバーチャルとリアルの融合が面白いようですが、こちらもドラマとリアルの融合ということで。

ドラマだとこういう風に出てきたなとか、バスルームは映っていなかったけど案外きれいだなとか、いろいろな見方ができて面白いですね!

5部屋10名収納可能で1部屋2万円

この古民家には5部屋あり、写真からだと1名・2名・3名宿泊の部屋があるようです。

1部屋平日2万円で週末は2万3千円。

最低宿泊日数が6泊となっているのは、特区民泊の認定を受けているから最低日数の6泊になっていると思います。

6泊もすると1部屋12万円。

「宿泊料は相談可能」とありますが、ロケに使われたことを見積もっても、1人1万はちょっと高いし、6泊もハードル高いですね。

口コミがないので、ドラマ放映後にアップした可能性もありますね。

ただ、10月30日から最低宿泊日数が2泊3日になったため、こちらも変わる可能性がありますね。

2泊3日だったら、ドラマファンとしては泊まるかな??

 

airbnb以外に民泊サイトはどのくらいあるの?

Sponsored Link

コチラの物件はSTAYJAPANに掲載されていますが、民泊サイトはどのくらいあるのでしょうか?
airbnbのように海外発はたくさんあるため、今回は日本初をご紹介!
STAYJAPANも含めて4つほどのようですよ。

STAYJAPAN(ステイジャパン 旧:TOMARERU)

日本国内の民泊掲載&予約サイトです。

国家戦略特区の特例「旅館業法適用除外」を活用し、特区エリア内で展開する日本発の安心・安全な民泊運営サービスで、自治体の認可を得た公認民泊のみを取り扱っています。

スマホやPCから掲載・発見・予約できます。

現在、東京・大阪の2大都市を皮切りに、日本全国の民泊施設を準備中です。

2014年に賃貸仲介大手のエイブルと業務提携を行い『TOMARERU~日常を旅しよう!~』をスタート。

2015年12月17日にはTOMARERUを国家戦略特別区域法(以下国家戦略特区法)に完全準拠した日本初の合法民泊サイト「STAY JAPAN」 https://stayjapan.com/にリニューアル。

2016年1月に全国で初めて民泊解禁地域となった東京都大田区で合法民泊をスタートしています。

物件オーナー様向けサービスも充実していて、以下のサービスを提供しているようです。
さすが日本流の細かいサービスで民泊初心者を全面バックアップしています。

1.家具(テレビ、テーブル、イス、ソファなど)、寝具(ベッド、布団など)、食器類、キッチン用品、リネンなどのレンタル
2.宿泊時の鍵の管理(鍵の暗証番号キー変更や鍵の受け渡しなど)
3.クリーニング(物件・備品の汚れ、損壊等の 確認、清掃など)
4.メンテナンス(消耗品の交換、補充などを含む)

また、これまで独立していた民泊田舎体験の「とまりーな」は2016年6月から段階的に統合し、「とまりーな」は「STAY JAPAN」内の農林漁業体験民泊ブランドとなるようです。

Roomstay

2012年4月から公開された、お部屋を「貸したい人」と「借りたい人」をつなぐオンラインプラットフォームです。

世界35カ国、166件のステイ先から、検索することができます。

ソーシャルメディア認証をはじめ、ユーザーが安心・安全に利用できる仕組みを意識しているようです。

ホストは宿泊料金の70%を受け取れます。

TATERU bnb

民泊基準をクリアした安全・安心の合法民泊物件のみを取り扱った完全代行サービスです。
行政への申請から運用まで、ワンストップで依頼できて便利です。

登録代行は30,000円。
報酬として宿泊料金の20%を支払う必要があります。

清掃料は4500円からで、清掃内容は室内・風呂清掃・トイレ・洗面台・キッチン・食器類洗い・ベッドメイキング・消耗品の補充・ゴミ出し・忘れ物回収&保管と細かくやってもらえて便利です。

2016年6月より運営開始した比較的新しいサービスです。

スペースマーケット

お寺から野球場、結婚式場、古民家、お化け屋敷まで、ユニークなスペースを簡単にネットで1時間単位から貸し借り出来るマーケットプレイスです。

取扱いスペース数は 9500 件以上。

今後も全国各地の会議室、ホール、コンベンションセンター、オフィス等のビジネス用途のスペースは勿論のこと、地方自治体が保有する公共施設や、商業施設、廃校、商店街、寺社仏閣、水族館、体育館、グラウンド、遊園地、プラネタリウム、廃墟、離島、宿泊できる民家等、日本中のユニークな遊休スペースの利活用を提案し、法人個人の新たな空きスペースシェアリング需要を喚起する計画のようです。

レンタルスペースとして、田舎から都会までユニークな民泊・宿泊予約もサポート。
観光やビジネスに安心して使えるスペースも多数掲載しているようです。

2016年7月にサービススタートしていますが、8月にはピザハットと提携し、シェアスペース利用者に割引クーポンを発行したり。

12月まで生活クラブ生協・東京と南青山のキッチン付きレンタルスペースを 無料で利用できる期間限定プロモーションキャンペーン実施したり、と面白い企画を次々と生み出しており勢いがあります。

手数料は制約金額の10%。

宿泊スペースを登録する場合は、旅館業の許可が必要となるためちょっとハードルは高そうです。

まとめ

拝啓、民泊様。のロケ地である大田区の一軒家は、民泊サイト「STAYJAPAN」に掲載されていて実際に泊まれるようです。

日本初の民泊サイトは「STAYJAPAN」を含めて4つほどあり、そのうち2つは2016年にできたばかりの新しいサービスなので、今後も増えていく可能性がありますね。

世界大手のairbnbと比べて日本初の民泊サイトは手数料が割高ですが、その分サービス内容が細かく、安心して利用できる点がいいですね。

 

Sponsored Link

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアズホームをフォローしよう!


記事が気に入ったらとりあえず「いいね」!

コメントを残す