大阪市が民泊特区に?申し込み方法は?実際の登録数はどのくらい?

Sponsored Link

「拝啓、民泊様。」の第3話でついにリストラが妻・沙織(黒木メイサ)にバレた寛太(新井浩文)。
しかも民泊事業始めたことをハローワーク担当者に話してしまい、雇用保険の受給資格がないと言われてますますピンチに。

次回予告で民泊の申請などの話が出てきたので、予想通り、違法民泊の話に突入ですね。
違法だと今まで準備してきたことが水の泡になるので、きちんと申請したほうがいいですね!

ドラマの中でも申請などの話が出てくると予想されます。

大田区の申請方法についてはこちら。拝啓、民泊様。ロケ地の大田区で民泊を始めるには?手続きは簡単?

大阪市も特区の仲間入りをしたようですので、大阪市の民泊について見ていきましょう!

大阪市の民泊の申し込み方法は?

osaka

特区民泊についてはこちらで説明しているのでどうぞ♪

拝啓、民泊様。ロケ地の大田区で民泊を始めるには?手続きは簡単?

大阪市の特区民泊の正式名称は「大阪市における国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業(特区)」です。

2016年10月31日から認定受付が始まりました。
こちらに手続きの流れが載っています。
http://www.city.osaka.lg.jp/kenko/page/0000341012.html

始まったばかりのせいか、大田区のように詳しくないですが、シンプルです。

大阪市での申込方法

大阪市で民泊(国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業)を開始しようとする場合は、特定認定申請書の提出が必要です。
大田区と同じですね。
ただし、「申請前には、近隣住民に対する事前説明等を行う必要がありますので、事前にご相談ください。」との注意書きがあるのは大田区と異なります。

①申請前に事前相談する

申請前に近隣住民への事前説明などが必要のため、事前に相談する

②事前に所轄消防署(予防担当)に相談する

・消防法令の適用について

大阪市内において、外国人滞在施設経営事業の用に供する施設の消防法令上の用途は、消防法施行令別表第1(5)項イ「旅館、ホテル、宿泊所その他これらに類するもの」とされます。
本用途に適合した消防用設備等の設置、防炎物品の使用及び防火管理者の選任等が義務付けられることがあります。

そのため、相談します。
大田区のように、相談前に電話して、約束しておいたほうが良さそうですね。
同時に、次の「消防法令適合通知書」取得のために、交付申請の準備もできるといいですね。

③消防法令適合通知書の交付申請をする(④と順不同)

・消防法令適合通知書について

特定認定申請書の添付書類として、当該施設が消防法令に適合している旨を証する書類(消防法令適合通知書)の写しが必要です。

消防法令適合通知書は、当該施設の所轄消防署(予防担当)に交付申請してください。

交付申請を受け、消防職員が当該施設に立入検査を行い、消防法その他の消防に係る関係法令に適合していると認められた場合に交付されます。

 

④近隣住民へ事前説明を行う(③と順不同)

大田区はポスティングでもよかったのですが、大阪市では対面での説明が規定されています。
申請までのハードルも高いですね。

(1) 特定認定の申請に先立って、次のア及びイに掲げる者に対し、説明会の開催又は戸別
訪問により、施設が当該国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業の用に供されることについて説明していること
ア 施設が存する建物内に、特定認定を受けようとする居室以外に住居が存する場合にあっては、当該住居の全世帯イ 次の(ア)又は(イ)に掲げる建物(施設の存する建物の外壁から水平距離で 20 メートルを超える場合を除く。)に存する全世帯
(ア) 施設の存する敷地の境界線に接する敷地に存する建物
(イ) 施設の敷地の境界線から道路、公園等の敷地を挟んで隣接し、敷地境界線までの水平距離が 10 メートル以下である建物
(2) 前号の説明においては、次に掲げる事項を記載した書面を使用していること

⑤申請書を提出する

近隣住民への事前説明の後、やっと申請することができます。
国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業特定認定申請書を提出します。

 

◆添付書類

・申請者が法人である場合→定款又は寄付行為及び登記事項証明書
・申請者が個人である場合→住民票の写し
・賃貸借契約及びこれに付随する契約に係る約款(日本語及び役務の提供において使用する外国語により作成されたもの)
・施設の構造設備を明らかにする図面
・施設の周辺地域の住民に対する説明の方法及びその記録(説明に使用した資料を含む)
・施設の周辺地域の住民からの苦情及び問合せに適切に対応するための体制及びその周知方法(施設の構造設備及び滞在に必要な役務の提供等の概要を含む)

・消防法令適合通知書の写し
・水質検査成績書の写し(使用水が水道水以外の場合)
・賃貸物件の場合:施設に係る全ての賃貸借契約書の写し並びに所有者及び賃貸人が事業の用に供することを承諾していることを証する書面の写し)
・分譲物件の場合:管理規約に違反していないことを証する書面
・付近見取図
・居室内に備え付ける施設の使用方法に関する案内書(日本語及び役務の提供において使用する外国語により作成されたもの)

申請手数料

21,200円

大田区の20,500円とほぼ同じくらいです。

廃止届について

「事業を廃止した場合は、10日以内に届出書を提出してください。」との記載のみ。

廃止届の手数料は明記されていませんでした。

登録数はどのくらい?

Sponsored Link

10月31日から受付が始まり、11月現在の登録数は2施設7部屋です。
少ないですね!!

登録された貴重な物件はどこなのでしょうか?

登録物件はどこ?

登録された2施設はどこなのでしょうか?

1.SJ アパートメント大阪なんばA(とまれる株式会社)

https://stayjapan.com/rooms/1353

やはりSTAYJAPANに掲載されていました。
1部屋5000円とは安くて利用しやすそうです。
ただ。
一番のネックは最低6泊というところです。
大阪から京都や滋賀など観光できますが、6泊は長いですよね。。

早く2泊3日以上になってほしいですね!

2.ゲストハウスN(株式会社大王樹 )

http://tielongyuan12.wixsite.com/guesthouse/explore

こちらは自社サイトで運営の予定のようです。

まだ、HPも作成途中のようでした。

中国語対応とのことで、中国語圏の方にはうれしいですね!

部屋は6室あるため、どんな内装なのか楽しみです。

なぜ登録が進まないの?

やはり6泊以上の条件が足かせになっていると考えられます。
政府は10月31日に民泊の最低宿泊日数を2泊3日と緩和しました。

大阪市では同日に民泊条例が施行されたため、6泊7日以上でのスタートとなりました。
大阪市で実際に改正されるのは来年2017年1月1日の予定です。

それを受けて、新規事業参入が期待されています。

また、大阪にはあいりん地区などの簡易宿所やタコ部屋(1部屋にたくさんの労働者が雑魚寝できるような部屋)があったようです。
そのような歴史もあり、違法民泊であってもある程度許容するような風土があるためとの分析もあります。

ただ、大田区であっても登録が24件なので、全国的にも登録はあまり進んでいません。

しかしながら、11月に北区で起きた殺人事件の現場が民泊だった報道もあり、トラブルに発展したときの責任の所在が不透明です。
オリンピックに向けて、法整備が進むといいですね。

まとめ

今年2016年10月31日にスタートしたばかりの大阪市の民泊の申し込み方法と、登録の実態についてお伝えしました。

申込前に近隣住民へ説明する点など大田区との違いが見られました。
また、登録数は2施設とかなり少ないようです。

大阪市ではちょうど本日11月21日14時~16時に、民泊の事業者向け説明会を追加で開催するようですよ!!
定員は120名となっていますが、どのくらい集まるのか気になります。

全国的に申請数が少ないので、今後は法整備が整い、安心して民泊ビジネスができ、利用者も安心して利用できるようになることを期待しています。

Sponsored Link

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアズホームをフォローしよう!


記事が気に入ったらとりあえず「いいね」!

コメントを残す