マイホーム購入の平均年齢や年収は?買えないのは頭金や貯金が問題?

Sponsored Link

マイホームをいつかほしいと思っている方は必見です。
azも買えないと思っていたときは情報を探すこともしませんでしたが、
買えるんだと思った時に調べたら、買っている人はたくさんいましたよ!!

今のままで買えるかもしれませんよ?
お金が貯まったら…とか、●●したら…とかではなく。

データはすべて「平成25年度 住宅市場動向調査」(国土交通省)より。
※調査対象は平成24年4月から平成25年3月に住み替えや建て替えを行った世帯。三大都市圏での購入が対象
※三大都市圏は首都圏(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)、中京圏(岐阜県、愛知県、三重県)、近畿圏(京都府、大阪府、兵庫県)を指す

マイホーム購入時の平均年齢は?

21

新築マンション:41.6歳
新築一戸建て :39.3歳
中古マンション:45.1歳
中古一戸建て :42.9歳

どうでしょうか?想像より遅かったのではないでしょうか?

30代と40代の購入が多いため、平均すると新築一戸建て以外は40代となっています。
40代前半と言えば、平均の30歳で第一子を出産し、その子が中学に上がる前後。
個室が必要になる時期に購入されているのかと推測されます。

平均ですので、20代での購入と60代での購入の平均は40代なので、統計するとそうなるのですね。

マイホーム購入時の平均世帯年収は?

新築マンション:689万円
新築一戸建て :675万円
中古マンション:613万円
中古一戸建て :580万円

40代での平均世帯年収は600万円前後となりました。
共働きのパターンや、夫が主で妻がパートや専業主婦と言うパターンが考えられますね。
中古と新築では100万ほどの開きがあります。

マイホーム購入時の平均的な自己資金

 

新築マンション:1213万円(33.9%)
新築一戸建て :1137万円(31.3%)
中古マンション:1090万円(48.4%)
中古一戸建て :966万円(41.8%)

※()は購入資金額における自己資金の割合

中古のほうが自己資金の割合が高く、きちんと計画的に貯蓄している方のほうが堅実な中古マンションを選ばれている印象を受けます。

マイホーム購入時の平均的な購入資金

新築マンション:2369万円
新築一戸建て :2491万円
中古マンション:1345万円
中古一戸建て :1163万円

やはり中古と新築では1000万円の開きがあります。

住宅価格は年収の何倍が目安?

Sponsored Link

住宅購入の際によく目安とされるのが「年収の5倍まで」という価格。しかし、この数字は目安です。
特に金利の低い今は、7倍くらいまで銀行は貸してくれそうでした。

しかし、借りれる金額と返せる金額は異なりますので、やはり5倍が限度かなと感じます。
特に、貯金体質でない方は、5倍以内に収めた方が無難です。

理想は、夫の年収の5倍まででローンを組み、妻の給与やパート代は貯金することです。

頭金の相場は?住宅購入に必要なお金は?

頭金の理想は2割と言われていますが、az家は1割入れるのが精一杯でした。
最初のマンション購入は頭金8万円でしたので、そのくらいでも購入はできます。

ただ、からくりとしては、体裁で30万円(物件価格の約1/70)を頭金とし、後で実際の頭金8万を引いた22万円が振り込まれるという形でした。

手付金は10万円でしたし、引き渡しまでに諸費用70万円くらいはかかりましたので、やはり手元に100万円くらいないと厳しいとは思います。

中古より新築がおすすめな理由

ちなみに、中古マンションのほうが価格も低いので購入しやすそうなイメージがあるかもしれませんが、実際は逆です。

中古マンションの場合は、仲介手数料が物件の3%+6万円かかり、こちらを支払わなければなりません。

新築マンションは諸経費だけ支払えば大丈夫ですし、ローンによってはその分も借りられるので、ハードルが低いのです。

オススメの買い方は?

azのおすすめの買い方は、ズバリ、賃貸に住みながら頭金を貯めるなんて、賃貸料がもったいない!!
新築マンションを先に買って、賃貸料相当を支払う「マイホーム貯金」です。

頭金にしたかった分は、繰り上げ返済用に貯金。
物入りでないときに一気に返済すれば、返済も早く終わります。

ただし、諸費用などの100万、できれば200万くらいあったほうが、人気のあるいいマンションも購入できるので、このくらいは貯めておいた方がいいですよ~。

このくらいの貯金ができていないと、ローン返済に息詰まる可能性もありますし。
毎年いくつもの世帯がローンを払えず、マイホームを競売にかけられているようです。

「マイホーム貯金」はオススメではありますが、リスクもありますので、少しは余裕を持った資金計画を立てましょう。

そのためにはやはり、身の丈に合ったマイホーム選びですね。

理想のマイホーム投資

購入時の平均年齢が40歳前後とは、意外で残念な気もしました。

しかし、azもずっと買えないと思っていて、最初の1DKマンションを購入したのは、27歳の時。しかも求職中。

普通に仕事していたら、考える時間がなくて、今もマイホームを購入していなかったかもしれません。

人生、いつ何が起こるかわからないですね。

マイホーム購入で、「ローン返すためにもたくさん働きたい!!」と今の仕事に就いたので、azにとっては活力になりました。

それから、友人に家買ったらいいのにと言いふらしていたら、買いそうな人はほぼ100%、結婚して落ち着いたら買いましたね^^

一番は、結婚したときに買うのがいいなと思うのですが、でも、もしもの時があるので、そうもいかないですね。。

学生の時に投資について勉強していたら

とはいえ、ある程度安定した仕事に就いた時、投資についてもっと勉強していたらと思うことがあります。

azは貯金は得意でしたが、投資は怖くて、足を突っ込んだらお金が無くなりそうで、避けてました。
今は、外貨預金や投資信託の知識も得て、保険でお金を増やしています。

金利1%で60歳までに1000万円貯めたい場合、30歳なら毎月●円で住みますが、50歳なら●円。
時間と金利を見方に付けることが大事なので、早ければ早いだけ貯まるんですよね。。

投資シミュレーション

マイホーム投資については、大学卒業後に就職した場合、2年目に年収が出るので、可能なら駅近の1~2LDKの中古マンションを安く購入。
リノベーションして住み、10年後くらいに結婚したときにはローンも終わっているのが理想。

結婚後も手入れしてそのまま住み続けるか、賃貸に出して、新しい3~4LDKのマイホームを購入。
子どもが生まれ、20数年後に独立して家が広く感じたら、売却して前のマンションに住むか、新しく購入すればいいと思います。

資金に余裕があれば、最初から3LDKを購入すれば、万一、賃貸に出す時も、ファミリー層の賃貸は借りる人が多いので扱いやすいようです。
最初に3LDKが広すぎる場合は、シェアハウスみたいにしてもいいですね!

あくまでも「理想」ですので、どの程度現実味があるのか分かりませんが。。

まとめ

いかがでしたか?

マイホーム購入時の平均年齢は40歳前後、世帯年収は600万円前後でしたね。

意外と頑張れば買えそうではないでしょうか?

特に計画的に貯金できる方は、新築マンションに住んでローンを先に払う「マイホーム貯金」を実践してみてくださいね!!

また、若いときにどんどん投資していくと、老後資金がたまって楽なようですよ^^

Sponsored Link

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアズホームをフォローしよう!


記事が気に入ったらとりあえず「いいね」!

コメントを残す