住宅ローンの金利を比較して得する方法は?45万の差も?

Sponsored Link

az一家の住宅ローン金利は2015年借り入れ当初は0.489%。
2016年5月より0.449%です。

一般よりも金利-0.05%取扱手数料-0.5%を実現できたのは

金利が低い銀行を自分で探し、

提携ローンを利用したからです!!!

提携ローンを利用できるとこんなにお得です。

ソニー銀行での通常ローンと提携ローンの比較

借入額3130万円(自己資金10%以上)

・変動セレクトローンでの比較

◆提携ローンの場合
・金利-0.05%
・保証料-0.5%

変動金利(実質)0.489% 総支払額 34,061,160円
保証料 なし
取扱手数料 借入金額×1.66%=519580円

合計 34,061,160円+519580円=34,580,740円
◆提携ローンでなかった場合

変動金利(実質)0.539% 総支払額 34,351,800円
保証料 なし
取扱手数料 借入金額×2.16%=676080円

合計 34,351,800円+676080円=35,027,880円

提携ローンのほう
取扱手数料で-156,500円、
総支払額は-290,640円
447,140円もの差がつくことが分かります。

・住宅ローンでの比較

◆提携ローンの場合
・金利-0.05%
・取扱手数料43,200円が0円に

変動金利(実質)0.839% 総支払額 36,130,920円
保証料 なし
取扱手数料 0円

合計 36,130,920円
◆提携ローンでなかった場合

変動金利(実質)0.839% 総支払額 36,130,920円
保証料 なし
取扱手数料 43,200円

合計 36,130,920円+43,200円=36,174,120円

こちらは取扱手数料が無料になるだけなので、返済期間10年でも35年でも差額は43,200円です。

どうやって提携ローンを組むの?

Sponsored Link

提携ローンはマンション販売会社によって提携しているところが異なります。

気になる銀行にお得な提携ローンがある場合は、マンション販売会社の担当に聞いてみることをお勧めします。

販売会社から、お得な提携ローンを自動的に進められることはまずありませんので、

ご自身で探して、聞くことがとっても大切です。

az一家が今の住宅ローンの銀行を探す時、

マンションの担当者からは「ご希望はありますか?」としか聞かれませんでした。

その時は、まだ前の住宅ローンが残っており、売却前提で貸してくれるところは限られていました。

それで、最初は担当者にお任せして、いくつか仮審査をしました。

こちらの希望に沿って、銀行を推薦してくれましたが、条件付きとなると利率がよくなかったため、最終的にはローン完済して新たに組むことにしました。

それまでもいろいろ大変でしたが。

特に、ネット銀行は、こちらから希望しないと推薦されない雰囲気でした。

ソニー銀行は金消会もないので、住宅ローンを組む最後の最後までドタバタしましたし、

初めてのローンでネット銀行を選ぶのはけっこう大変だとは思います。

細かいことが得意な方には向いているかと思いますが、不安な方は、一般的な銀行のほうがいい場合もあると思います。

今はネットでいろんな情報を得られるので、気になる銀行の提携ローンがないかどうかだけでも探してみてくださいね。

ご自身が長く払うお金ですから、やっぱりご自身で納得して探された方が先々の支払いも楽しいとazは思います。

 

 

Sponsored Link

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアズホームをフォローしよう!


記事が気に入ったらとりあえず「いいね」!

コメントを残す