新築マンションで安い火災保険は朝日火災!楽天買収でどうなる?

Sponsored Link

 

我が家のマンションの火災保険朝日火災です。

先日、朝日火災が楽天に買収されるニュースが飛び込んできました!
「楽天かぁ」と少し複雑な思いでニュースを見ていました。

 

朝日火災は安さを重視する人にとっては、優秀な火災保険なのです!!

我が家は2015年当時、火災保険料を15万円ほど節約できました!
保険料も、個人賠責を入れて、68000円(35年分)ほど!


個人賠責ぬきなら、45000円(35年で!!)ほどと、かなりの格安保険でした!

 

2018年現在は残念ながら契約期間が変わり、35年契約できていたのが最長10年になり。

35年の長期契約の時よりは金額も割高になっています。

 

でも、10年更新できるのは、もっとよい条件の保険に見直せる機会でもあるし。

朝日火災はまだまだ安くて信用できる保険会社なのでおすすめですよ^^

 

朝日火災で火災保険料10万円節約!

az家マンションのディベロッパーが推薦したのは、大手の三井海上火災保険。

最低限の保証で20万円ほど。
少し手厚い内容だと、30万くらい!

マンション購入が初めての方は、そのまま入るのかなあ。

でも、新築マンション6階に在住歴8年で何もトラブルなかったaz。
しかも今度のマンションはIHでガスではないから火事のリスクは低い。

だから、住宅ローンを組むためだけに、格安の火災保険に入れればいいと思ってました。

 

他の火災保険を調べてみると。。。
2社は大手よりも3割ほど安いとの情報が!!

 

2社とは

 

朝日火災

旧:富士火災(2018/1/1~AIG損害)

 

でした。

 

とにかく時間がなかったので、急いで2社に見積もりを出し、
すぐに対応が来て、保険内容もよかったのが朝日火災でした!!

 

急いでいたため、メールで保険内容のPDFを添付してもらい、
何度か電話で確認のやり取りをしました。

 

直前に、やはり個人賠責23000円を付けるようにお願いし、
このような契約内容になりました!

 

朝日火災ホームアシスト
保険期間:35年
コンクリート造
約70㎡
建物評価額900万円
エコノミータイプ:約45000円
・保険金額900万円
・家財保証なし

火災
落雷
破裂・爆発
風災・雹災・雪災
水災なし
(床上浸水などの場合に保証されるため)
日常災害リスクすべてなし

個人賠責:約22000円(限度額1億円)

計:約67000円

火災保険は、きちんと補償内容を確認したほうがいいですよ。

字で見ると、必要な気がしてくる「水災」などは、実際は床上浸水の場合に保証されますので、1階は入ったほうがいいかもしれません。

しかし、2階以上で床上浸水など、よっぽどの状況。

要らない場合がほとんどかと思います。

 

直前で個人賠責を付けたのは。
この金額で35年間、自転車などの事故にも対応できることと、
追加徴収なしで子どもたちにも適応されると知ったからです!

 

22000÷35=628.57円/1年
628円÷4名(家族の人数)=157円!

個人賠責の1年間の保険料が1人当たり157円!!

 

単独で入るより得ですよね!!

 

火災保険について、こんなに無知だったのに、
2~3日で契約できたのは、ホント奇跡でした!

 

しかも、自転車事故に遭った時にちゃんと使えました!!
その時の体験談がこちらです↓

朝日火災の火災保険は安いけど口コミや評判は?個人賠責は自転車事故でも使えてお得!

 

安い火災保険のオススメ

Sponsored Link

azの体験ばかりですみません。
ただ、実際の数字を見ると、分かりやすいかと思い、載せてみました^^

さて、安くてオススメの火災保険ですが、やはりこの2社がおすすめです。

朝日火災
AIG損保(旧:富士火災)

富士火災について久しぶりに調べてみたら。

2018年1月1日から、AIU損保と合併して、AIG損保になっていたので、びっくりしました!

今回の楽天による朝日火災買収といい、保険会社の再編が進んでいますが。

時代の流れと言うことで、心配ないかなと感じました。

保険の保証内容も、基本的に変わらないですしね!!

 

朝日火災

1951年に野村證券、大和銀行(現・りそな銀行)、第一銀行(現・みずほ銀行)、そのほか各社の発起により、資本金5,000万円をもって設立登記。
2011年5月に野村ホールディングスの連結子会社となる。
2018年1月29日に楽天が買収すると発表。買収額は約450億円にのぼる見込みで、2018年夏までに完全子会社化する方針。

個人および法人の火災保険や自動車保険などを扱う。

価格.com保険アワード2017年版 火災保険の部3部門で第一位獲得。
火災保険の部(総合)第一位
火災保険の部(マンション)第一位
火災保険の部(戸建て)第一位

 

AIG損保(旧:富士火災)

1918年に設立された日本簡易火災保険が前身。
1941年、常磐簡易火災保険株式会社を吸収合併。
1949年、富士火災海上保険に社名変更。
2002年、オリックス株式会社・AIGグループが資本参加。
2018年1月1日、AIU損害保険株式会社に吸収合併され解散。AIU損害保険株式会社は商号変更し、AIG損害保険株式会社となる。

個人および法人の火災保険や自動車保険、国内外の旅行保険などを扱う。

 

 

安い火災保険はこちらの2社がおすすめですが、その他に、大手のほうが安心という考えもあるかと思いますので、最終的には見積もりを2社以上取って比較してください。

価格.comやそのほかの比較サイト、気になる保険会社のHPで簡易見積もりを取るのをオススメします!!
その対応方法などで、相性の良い保険会社が見つかるといいですね!!

 

安い保険会社についてのまとめ

朝日火災の火災保険は安いけど口コミや評判は?個人賠責は自転車事故でも使えてお得!

安い火災保険のオススメは朝日火災AIG損保(旧:富士火災)です。

状況により金額も変わりますので、最終的には簡易見積もりを取るのをオススメします。az家は35年で約67000円の火災保険に入りました。

契約期間の短縮で金額も変わっていますが、最長10年で火災保険の補償内容の見直しもできて、お得な場合もあるかもしれません。

相性の良い火災保険会社が見つかるといいですね!!

Sponsored Link

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアズホームをフォローしよう!


記事が気に入ったらとりあえず「いいね」!

コメントを残す