新築マンションのモデルルームを実際に見学する

Sponsored Link

やっと楽しいマンション見学です。

 

新しいマンションは新しい設備がいっぱい!

 

2~3年前の新築マンションに住んでいてもテンション上がりますから。

古めの賃貸アパートや社宅に住んでる方は、かなりテンション上がるのではないでしょうか?

 

でも、ここが失敗しないポイント2つめ!!

 

※1番目は予算と優先順位を整理して、予算内のマンションを選ぶこと!

 

一番最初のマンション見学でいきなり購入申し込みをするのは、やめましょう!

他の人が契約してしまったなら、それは縁がなかったということなのです^^

 

今回は

初めてマンション購入する時に知っておきたい流れや失敗しない方法

シリーズの7つめ。

7.新築マンションのモデルルームを実際に見学する

をお届けします!

マンション見学の段取りは予約の時から始まっている!

マンション見学するには、まず予約を取ります。

 

散歩の途中で気になって、いきなり、

モデルルーム見学することもあるかもしれませんが。

それはラッキーな場合か、売れ残りで営業さんが力を入れている物件の可能性が高いです。

 

人気のマンションは予約でいっぱいで。

せっかく行っても、見学できない場合があります。

予約してから見学しましょう。

 

見学予約は電話でもできますが。

急いでいない場合は、公式HPから申し込んだ方がいいです。

 

理由は、

・予算

・購入時期

などを必ず入れるようになっていますので。

 

こちらに少し低めの予算を入力し。

購入時期は、正直に勉強のためと入力したほうがいいです。

その方が、最初から、買わないアピールができるからです。

 

例え冷やかしや勉強のためであっても。

信頼できる会社は、

せっかく来てくれた「見込み客」に丁寧に説明してくれます。

 

自分の会社を売り込むチャンスだし。

今回買わなくても、将来、買ってくれるかもしれないからです。

 

勉強のために見学したのに、

強引に購入を勧めるのは、あまり信用できません。

 

こういう営業マンの態度で、信頼できる会社かそうでないかを見極められますよ。

 

すぐに買う気になるのは失敗の元!慎重に!

Sponsored Link

初めてマンション見学するときは、

引き渡しまで1年くらい余裕があり。

 

3番目くらいに気になっているマンションがいいです。

 

マンション見学は

一番計画的にいきたいところだからです。

 

または、最初から練習と割り切って。

予算内だけど住みたいエリアではない、

平均的に良さそうなマンションを

試しに見学するのもいいですね。

 

ネットで少し体験談を見ただけでも、

 

安易な気持ちで見学して買う気になり、

 

失敗して辛い

 

とのブログ記事はけっこう出てきます。

 

それで売却して損失を出した方もいれば、

仕方なく住み続けている方もいます。

 

azも気軽に見学して買う気になって。

2度目の見学で、明日契約したい人がいるからと、

購入を決めてしまった1人ですが。。

 

そんな場合でも

優先順位が分かっていたおかげで、

購入を後悔したことはありません。

 

当初の計画と変わった部分もありますが、

それさえ楽しんで。

 

もっと広い家に住み替えられてよかった!

対面キッチン万歳!新築万歳!と毎日を謳歌しています^^

 

だから優先順位が大事なんですね!!

↓おらさい

マンション購入で失敗しない方法!予算と優先順位を整理するのが一番の近道

 

1番気になっているマンションは見学も気合が入りますし、

舞い上がりやすいです。

 

だから、最初の見学は

3番目くらいがちょうどよいのです。

 

また、いくら3番目であっても。

引き渡しまで間のない「売れ残り」物件は、

営業の押しもすごいです!!

 

今日契約したら100万円値引きします

なら100万円分のオプションがついてきます

なら家具もついてきます

 

などと、買う気にさせることが多く。

 

気になるマンション3番目だったのに、

何だかすごくお得に思えてきて契約してしまう。

ということがあり得ます。

 

絶対にマンション購入を即決しない

中でも一番の常套句は

「今契約しないとこの部屋は買えない」

です。

 

ストレートには言いませんが、

言いたいことはそういうことです。

 

「今日、この部屋を契約しないと、

明日、ここの部屋を気に入っているお客さんの予約が入っているので

即決してしまうかもしれません」

 

「今日の夕方、この部屋を購入したいと言っているお客さんがもう一度見に来ます。

早い者勝ちなので、今、購入申し込み書を書けば間に合いますよ」

 

「この部屋を購入したいなら、今日、購入申し込み書を出したほうがいいですよ。

この部屋か下の階かで迷っているお客様がいて、明日、購入申込書を出す予定なんです。

下の階なら問題ないですが、この部屋は下の階より日当たりがいいと思いますので、

早く決めたほうがいいですよ」

 

 

これはすべて、azが実際にマンション見学の時に言われた言葉です。

 

初めてのマンション購入での営業トーク

初めに購入したマンションは、見学5軒目。

初めてのマンション見学から、少しは場慣れしています。

 

azが初めてのマンション見学で買いそうになったのはコチラ

azの初めてのマンション見学体験談

 

気持ちは4件目に見学したマンションのほうに傾いていたのですが。

 

金額の安さと部屋からの眺め。

それからこの「今買わないと売れちゃうかも」営業トークで。

2回目のモデルルーム訪問で、竣工後のこのマンションに決めてしまいました^^;

2回目のマンション購入での営業トーク

 

2回目の購入の時も、

わーい、買えないと思っていたこのマンションが買える!!

 

南向きと東向きとどれにしよっかなー。

間取りはこっちがいいけど、こちらだと安いし、安いほうにしたいけど、

どうしよっかなー、と楽しく部屋を選ぼうとしていたら。

 

「早くしないと他の人が契約しちゃうかも」と言われ。

 

第1希望の間取り

第2希望の東向き

第1希望の階

 

に早々と決めちゃいました。。

 

 

こちらは素人なので。

営業トークかもしれないと分かっていても。

売れてしまうかもしれないと思うと、急いでしまうもの。。。

 

でも、これでは冷静に決めたとはいえず。

後々後悔してしまうリスクが高いです。

 

1人で見学するときは

「●●(配偶者または親)に相談しないといけないので」と言って

 

絶対に即決しない!!

 

夫婦または家族で行く場合は、

見学前に、断る係を決めておく

 

それくらい慎重になったほうがいいですよ。

 

住宅系の営業さんは見栄っ張り?

こちらは余談ですが。

 

ちょっと前に近所の古家が壊されて。

土地2区画が更地になっていました。

 

どうやらそこに新築住宅が建つ様子。

しかも建て替えではなく、新築建売のようです。

 

将来的に注文住宅を建てたくて、土地を物色中のazは。

計画はないけれど、間取りや金額が気になりました。

 

でも。

スーモなど通常のポータブルサイトには載っていません。

 

近くまで確認しに行くと。

販売会社ののぼりが立っています。

 

会員登録しないとみられないヤツです。

どうしても見たくなって数日後に会員登録したら。

 

案の定、すぐに営業さんから電話が掛かってきました。

感じのいい若い男性です。

表向きは「ご登録ありがとうございます!」ですが。

こちらの要望を聞いてきます。

 

近所の新築建売が気になって登録したんです。

まだ販売していますか?

と聞いてみたら、調べてくれて。

 

あー、残念ですが、残ってないですね、契約済みです。

 

とのこと。

 

いつ売れたんですか?

 

と聞いたところ。

 

残念ですが、昨日、契約したみたいです。

 

…。

 

いやいや。

毎回毎回。

 

昨日売れたとか。

明日売れるかもしれないとか。

 

そんなことあるわけないじゃないですか。

 

こんな営業してたら、信用されなくなるのになーと。

残念に思ったのでした。

 

しかも、今は買う気はないし、

買うならこの住所付近の土地だし。

万一、建売でいいのがあっても、絶対2階建てと伝えてあるのに。

 

全然違う条件の物件をメールしてくるんですよね。

まあ、そんなもんですね。

大手なんですけどね。

某写真スタジオでも使える役割分担です

マンション購入時のお断り係は。

他でも応用がききます!

 

多分、自然と役割分担ができていると思うんですよね。

 

例えば、子どもの写真撮影の時です。

七五三の写真で安いスタジオは?相場はどのくらいでいつがお得?

 

某写真スタジオでかわいい洋服が着放題なのは、

その分写真をたくさん買ってほしいから。

 

かわいい服を着た我が子を見ると、

例え同じ表情でも、全部買いたくなるのが親心。

 

なので、洋服は2~3着だけにする!

(その方が子どもが疲れないのでいい表情が撮れます^^)

 

2~3着だけでも、それなりの枚数を買っているとけっこうな金額になるので、

撮影前に何を買いたいのか予算はいくらぐらいかを家族で相談し、

その場でたくさん買いそうになっても、

 

予算はこれだけしかないからと止める役割を決めると上手くいきますよ^^

 

実際に新築マンションのモデルルームを見学する!まとめ

マンション見学の段取りは予約段階から始まっていて。

 

予約の時から「勉強のための見学」と営業で押されないように対策しておくこと。

実際のモデルルーム見学では、特に初めての場合はハイテンションになりがちだけど、即決しないこと。

営業さんは「今契約しないとこの部屋は買えない」というけれど。

ほとんど営業トークなので、押されないこと。

営業さんは見栄っ張りなこと。

 

万一、本当に売れてしまったら、縁がなかったので次を探そう、というお話でした。

 

次はモデルルーム見学での具体的に気を付けることをご紹介!

初めてマンション購入する時に知っておきたい流れや失敗しない方法

シリーズの8つめ。

8.新築マンションのモデルルーム見学で気を付けること

をお届けします!

Sponsored Link

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアズホームをフォローしよう!


記事が気に入ったらとりあえず「いいね」!

コメントを残す