マンション内覧会は同行がおすすめ!安心が数万円なら安いもの!

Sponsored Link

新築マンションの内覧会は、モデルルーム以上にテンション上がりますよね!!

 

部屋の中身も気になりますし。

バルコニーからの眺めや日のは要り具合も気になるところです。

 

軽く楽しんだら、マンションのチェックを忘れずに!

 

できれば一級建築士にマンション内覧会同行でチェックしてもらうのがいいですよ。

数千万円のマンションに。

数万円で安心して住めるなら安いものです。

 

節約家のazも、迷いに迷って、利用しましたよ!!

メリットばかりだったので、おすすめです!

 

今回は

初めてマンション購入する時に知っておきたい流れや失敗しない方法

シリーズの20。

20.内覧会でマンションの仕上りをチェック!内覧会立会いについて

をお届けします!

 

内覧会でマンションの仕上がりをチェック!

内覧会はマンションの確認をする機会ですが。

何をしたらいいのでしょうか?

内覧会って?

内覧会とは

・竣工した建物の披露

・契約通りに建物が建っているか、買い主がチェックする機会

です。

 

マンションの構造や内装がきちんとされているか。

・図面通りに造られているか

・パンフレットの説明通りかどうか。

・モデルルームの造りと同じかどうか

などをチェックしていきます。

 

内覧会の時期

内覧会は、マンション引き渡しの1か月くらい前に行われます。

 

不備が全くない場合はほとんどありません。

不備がたくさんあっても不安にならずに。

気にせずに指摘して、修正してもらいましょう。

 

不備がある場合は、後日、内覧会2回目、内覧会3回目とチェックする機会があります。

 

引き渡しまで日がない場合は、半年後のアフターケアで修正してもいいかと聞かれる場合もあります。

その際は、アフターケアの時にまた指摘する必要があるので、忘れないようにしましょう。

 

アフターケアは2年まで受けられるます。

住み始めてから気づいても、期間内であれば無料で修理してもらえます。

内覧会にかかる時間

半日くらいはみておいた方がいいです。

 

内覧会での専用住戸の内覧は、2~3時間ですが。

その後に、管理組合の説明やオプション系の説明や新聞や宅配サービスなどの勧誘で。

時間がかかります。

 

専用住戸の内覧の時に。

浴室乾燥機や食洗機など各設備の使用方法について、複数の担当者が説明に来る場合があります。

内覧会の流れ

まず、内覧会の希望日を提出します。

事前に設定されたいくつかの日から希望日を選び、指定された日時に、契約した部屋を内覧をすることができます。

 

1部屋につき、1名の施工会社の担当者が付き、一緒にチェックしたり、質問に答えてくれたりします。

 

内覧会の平均時間は2~3時間で、内装の出来をチェックしたり、間取り図と相違ないかチェックし、
前後して、それぞれの設備の担当者が設備のアフターケアについての説明をしてくれます。

内覧の後は、マンションの管理規定について説明を受けたり、駐輪場・駐車場の抽選会をした後、

・住宅設備保証の勧誘
・浄水器のカートリッジ販売
・新聞セールス
・生協などの宅配サービスの勧誘

などがありました。

 

最近のマンションはオートロックで営業禁止のため、

このような機会でないと営業しにくいためかなと感じました。

 

内覧会で注意することは?プロに内覧同行をお願いしたほうがよい?

Sponsored Link

2005年、構造計算書偽造が発覚した姉歯事件

2014年、憶ションと言われる超高級マンション ザ・パークハウスグラン 南青山高樹町欠陥工事が発覚。

2015年、2007年竣工のパークシティLaLa横浜の傾きによって虚偽データに基づいた工事の欠陥が発覚。

 

このようなニュースを聞くと。

マンション価格の上下にかかわらず、マンションの構造を心配する方は多いはず。

 

マンションの構造は素人には分からないので、内覧会の時に内覧業者を同行するか迷う方も多いと思います。

内覧会数時間の同行で相場は5万~8万くらい。

 

が、

数千万円の買い物の保証が得られれば、決して高くはないと思います。

 

azも同行を依頼しました!!

費用は3万6000円

 

カラーの内覧会確認レポート付きです。

 

HPサイトの内容や、質問したときに丁寧に回答してくれた文面などから、

信用できる、相性も悪くなさそうと判断してこちらへ依頼しました。

https://www.chousadan.jp/

広さによって値段が変わるのも魅力的でした。

 

結果。

 

床下や天井上の空間も写真撮影いただき、

構造上は問題ないだろうとの結果が得られてかなり安心しました。

 

売却するときにも自信を持てるので良かったと思います。

 

部屋の内装についても実際にけっこうな数の不備を指摘してもらいました。

特に大きかったのは、

・押入れの観音扉の真ん中の蝶番不足

・窓枠の下の壁紙接着残し

・窓のレールの不具合

 

蝶番なんて。

こんなことあるの?

コントみたい!

 

と思うような、初期の不備です。

 

この後何度か指摘事項のチェックをするにつけ。

思っているより万全じゃないんだな、と思いました。

前回指摘したところが、直っていないんですよ。。

 

なんか、働く方が会社員とは違うんですよね。

 

施工の責任者と歩いていたら。

工事のおじちゃんが、ため口っぽく、責任者に話して来たりとか(笑)。

 

お客様と一緒だから後でね、と責任者に言われてましたけど。

ピンと来ない感じでしたね(笑)。

 

力仕事で一生懸命やってくれているのはとてもありがたいですが。

現場を指示する方は、あまり指示が通じない方を相手に、かなり頑張っているんだなと思いました。

 

ちょっと話がそれましたが。

内覧会で、事前に一級建築士が同行する旨を伝えていたため。

内覧の担当もベテランを付けていただき、説明も回答も丁寧でした。

 

現場も緊張していたように感じます。

 

実際に調査してもらうのも目的ですが、もう1つの目的が

「この部屋の買い主は同行されるからしっかり仕事しよう」と

緊張感をもって部屋を仕上げてもらう、ことでもあります。

 

こちらはどうしても素人なので、指摘して「これが普通です」と言われてしまうと、

「でも、この部屋の主は気になるので直してください」と言いにくいですよね。

 

それで、たくさんの物件を見た経験のある方に背中を押してもらいたかったのです。

実際に、

「ここ、ゆがんでるように見えるんですけど」

と指摘すると。

「やはり気になりますよね。直すのは難しい部分なんで躊躇しましたが、指摘事項に入れましょう」と背中を押してもらいました。

 

戸建てを建てるときは、何度も現場に足を運び、

夏は冷たい飲み物、冬は暖かい飲み物などを差し入れながら。

 

家の構造をチェックし、証拠としての写真も撮り、

この施主はよく見ているから手抜きできないと思わせるといいと言いますよね。

 

きちんとしたものを造ってもらうために。

買う側も工夫することが必要ですね。

 

内覧同行を依頼しない場合のチェック項目はこちら

→(準備中です)

マンション内覧会は同行がおすすめ! まとめ

新築マンションの内覧会の流れと。

プロの同行業者にお願いしたほうが安心して住めるので安心なこと。

数千万のマンションの安心が数万円で買えるなら安いもの、ということをお伝えしました。

 

次は銀行での金消会のお話です。

初めてマンション購入する時に知っておきたい流れや失敗しない方法

シリーズの21。

21.新築マンションの金消会

をお届けします!

 

Sponsored Link

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアズホームをフォローしよう!


記事が気に入ったらとりあえず「いいね」!

コメントを残す