azの初めてのマンション見学体験談

Sponsored Link

 

マンション買いたいと思ったら。

マンション購入の理由を整理してみる

とお話しました。

 

そこで。

azの初めてのマンション見学のことを紹介したいと思います。

なんだ、こんな簡単なことか

と理解できると思います!!

マンション購入の理由

azのマンション買いたい理由

 

ズバリ

 

家賃(お金)がもったいないかでした。

 

だから、

 

家賃が貯金になるようなマンションを買いたい。

 

これがazのマンションを買いたい理由でした。

 

最初から東京に住んでいたらそんなに感じなかったのかもしれませんが。

わざわざ地方から上京し。

 

地方に比べて高い給料をもらっているのに

毎月の給料のほとんどが家賃に消えていく。。(泣)

 

切なかったです。

 

家賃を貯金にしちゃえ!!でマンション購入を決断

Sponsored Link

 

マンション買えないと思っていたazが、買えるかもしれないと知り。

マンションを探し始めるまでを紹介します。

マンション購入を夢見ることもなかった独身時代

azは上京後、知人のおばあちゃんの一軒家に間借りしていたので、光熱費込みで6万でした。

山手線の駅から徒歩5分くらいの便利な場所でした。

 

専用の部屋が6畳くらいで、キッチン・お風呂・トイレが共有。

礼金も敷金もなし、しかも家具付き!

 

初期費用が浮いたのがかなり良かったです^^

 

その前に不動産屋に依頼して探してもらった部屋は。

山手線から私鉄に乗り換えて20分ほどの駅から徒歩6分。

家賃6万の1ルーム6畳のアパートでした。

 

光熱費入れると7万くらい。

しかも最低限の家電(冷蔵庫・炊飯器・洗濯機)や寝具を買うとかなりの出費です!!

インターネット代6000円、新聞代3600円。

 

残業代も含めた安給料の半分が消えていきました。

そこから、食費・娯楽費・携帯代・奨学金を払うと、貯金どころではありませんでした。

 

 

そんな中で、やっと貯めたお金10万円は。

虫垂炎の手術&入院費用で消えて行きました。。(涙)

 

当時付き合っていた現在の夫と、婚約して。

一緒に住むための資金だったのですが。。

 

でも。

この時に「高額医療制度」があることを教えてもらったおかげで。

急いで高い医療保険に入らずに済んだんですけどね。

 

マンション買えないと思っていた新婚時代

1人暮らし時代は光熱費込みで6万+インターネット6000円+新聞代3600円。

約7万円。

 

破格でしたが。

おばあちゃんや他に借りている子と一緒に住んでいるため、面倒なことも多かったのです。

 

婚約して、現在の夫と2人暮らしが始まると。

管理費込みで家賃8万6千、光熱費とインターネットを入れても10万くらい。

2人で割ると、5万円ほどになり。

1人暮らし時代に比べて、2万円も減りました!!

間借りしていたころのストレスも減りました!!!

 

結婚して、3年ほど住みました。

あの頃は

・マンションなんて買えない

・子育ては両親近くないと無理だから30歳までに故郷に帰る

と思ってたんですね~。

 

でも間取りを見るのが好きで、よくチラシの間取りを見ていたんです。

2017年6月頃のことです。

 

なんだか最近、マンションのチラシが多いな。

商品券プレゼントが増えてるな。

 

商品券2000円から3000円になってるな。

 

ここ近いし、ちょっと勉強ついでに行ってみるかな。

どうせ買えないから、買わされることないし(笑)。

 

と、新聞折り込みの「商品券プレゼント!!」につられて夫と2人でモデルルームへ。

 

ただの見学のはずが。。

 

 

買えると言われて

買う気になっちゃったんですね(笑)

 

 

やっぱり、家が好きな人にとって。

初めて見る新築マンションは、ノックアウト寸前です。

素敵です、まぶしいです。

 

しかも、azが見学したのは、竣工後のマンション。

モデルルームとは違う、本物のマンションです。

すでに引っ越している方も半分いて。

エントランスも階段もしっかりあります。

 

バルコニーからの眺めも見晴らしがよかったんです。

3LDKで十分な広さの部屋。

あこがれの対面キッチン。

 

南西向きで共働きの家庭には最適な向き。

角部屋で周囲にバルコニーも付いているため、窓が広くて開放的で明るい!!

 

だけど。

各駅停車の駅からの道のりが、雑草の近道でも10分

人通りもなく、寂しく、夜は怖い。

人通りのある道なら15分くらい。

 

いずれ故郷に帰るので、売却のことも考えなければいけません。

駅前は再開発されているとのことでしたが、資産に反映されるのはいつのことやら。。

(2018年現在、やっと活気が出てきてますが、それ以上に駅前に素敵なマンションがボンボン建ってるし)

 

営業さんはよほど困っていたのでしょう。

竣工後のマンションだったので、今買うなら諸費用をすべて持つからと熱心に勧誘して来ます。。

 

マンションが買えるかもしれない!!

今思うと、この2017年6月はマンションに売れ残りが発生していた時期でした。

だから、商品券でなんとか見学者を釣っていて。

まんまと釣られたわけです。

 

 

azは買うなら2階と思ってました。

資金シミュレーションも無理がありません。

 

でも、営業さんは、2階はすでに買いたい人が居る。

明日、申し込む予定になっている。

 

だから、購入したいなら今日中に申し込んでほしい、と言います。

 

接客されるのが嫌いな夫は、考えようともせず、「買えない」と弱気です。

 

自分たちにもマンションが買えるかもしれない!!

とハイテンションなazは、弱気な夫にイライラしながら冷静に言いました。

 

私は買えるならマンションが買いたい。

いずれ故郷に帰るなら、売却しやすいマンションを買う方法がある。

今回買わないにしても、買いたいのか買いたくないのか、真剣に考えよう。

 

夫は考えてくれて。

自分たちがマンション買えるかもしれないと分かったのは嬉しい。

でも、今すぐ買えと言われたら決められない、と言いました。

 

それで、申込期限に電話してくれた営業さんに正直に話し、

それで希望の部屋が購入されるなら仕方ない、と話しました。

 

マンション購入の営業トークにだまされないで

 

営業さんに、お断りの電話をした数日後。

営業さんから電話が来ました。

 

ご希望の2階は埋まってしまったのですが、同じ間取りの8階が急遽キャンセルになりました。

こちらは買主様がお母様と住むために少し手を加えてますが、諸事情で住めなくなりました。

手を加えたのもありますし、2階の部屋と同じ金額でいかがですか?

 

との内容でした。

 

もう買わないことにしていたので、金額が同じでもお断りしましたが。

今思うと、どこまでが本当なのか疑うような営業トークがありました。

 

特に、希望の部屋について

「検討中の方がいます!」

は常套句ですね!!

 

最初のマンション購入の時も、それで急かされましたし。

今のマンションの購入の時も、2回目に関わらず、急かされて部屋を決めちゃいました。。

 

 

まったく。

 

今でこそ、

先に決まってしまったら、

 

縁がなかったんだ。

 

と割り切れますが。

 

けっこう、急かされると、冷静さを欠いてしまいがちですよね。。

 

 

最初のマンション見学で、夫が買わないと決断してくれて本当によかったです。

 

ただ、マンションの売れ残りが発生していたあのタイミングで、

諸費用を負担するから買ってくれと勧誘されてなければ。

 

諸経費分の貯金もないaz夫婦がマンションを買うことはなかったので、

ラッキーだったとは思います。

 

あ、商品券も無事に頂けましたよ。

でも、見学したら買いたくなるから。

商品券目当ての見学は避けようと思いました(笑)。

 

マンション購入にのめりこむ

最初のマンション見学で、自分たちにも買えるかもしれないとハイテンションになったaz。

しかも、夫の本音も聞けたし。

夫が買いたくなるようなマンションを見つけたら買えるかもしれないと、俄然はりきりました。

 

偶然、見学したマンションでしたが。

2人の収入でマンションが現実に買えるかもしれない。

30年分の家賃と更新料でマンションが買える計算になるなら、マンション買った方が得!

と資金シミュレーションもできたことだし。

 

家賃に消えて貯金ができないから、家賃を貯金にしちゃえ

 

と、ますますマンション探しにのめりこむのでした(笑)。

 

 

 

azの初めてのマンション見学体験

マンション買いたいと思ったらまず初めにやるちょっとした大事なこと

 

マンション見学体験はいかがでしたでしょうか?

 

けっこう、ぶっ飛んだマンション探しスタートだったかなと思うのですが。

それでも、「家賃がもったいないから」と買いたい理由を整理して。

 

買えないと思っていたのが、買える!に変わり。

買いたい理由を夫に話して、夫を説得し。

 

しかも、その後2回も実際に変えたのだから、小さくても力強い一歩だったかなと思うわけです。

 

購入してからも、繰り上げ返済して、順調にローン返済しましたよ。

 

そんな購入体験談はまだ別ページで紹介したいと思います!!

初めてマンション購入する時に知っておきたい流れや失敗しない方法 にもどる

マンション買いたいと思ったらまず初めにやるちょっとした大事なことにもどる

Sponsored Link

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアズホームをフォローしよう!


記事が気に入ったらとりあえず「いいね」!

コメントを残す