隣の家族は青く見える(となかぞ)9話で小宮山家が離婚?住宅ローンはどうなる?

Sponsored Link

隣の家族は青く見える(となかぞ)8話は急展開が多かったですね!!

8話の感想と、小宮山家が離婚したら住宅ローンはどうなるのか?についてまとめました!

 

隣の家族は青く見える(となかぞ)8話感想

隣の家族は青く見えるのロケ地はコーポラティブハウス?戸建てやマンションとの違いは?

 

隣の家族は青く見える(となかぞ)8話の感想を家族ごとに。

 

五十嵐家

五十嵐家や家具インテリアについてはコチラ

 

体外受精1回目で30万円もかかるんですね。

注射が3回で27000円と言ってみたり、体外受精の工程がわりとリアルに丁寧に描かれていて感情移入しやすかったです。

 

義妹の琴音ちゃんが、楽しそうに働く両親の背中を見て育ったから、自分も働く姿を娘に見せたいと、早く保育園に入れたいと言っていたシーン。

ドラマの舞台は世田谷区用賀にある設定なので、世田谷区は待機児童1位ですもんね!そりゃ、大変だわ。。

 

立場が変われば、言動が変わるのは当たり前と奈々が言っていたことも、心に響きました。

 

9話予告編で妊娠中の奈々が倒れる危機を暗示していましたね!

「大ちゃんへ」と書かれた手紙も意味深です。。

9話でどうなるのか?来週が待ちきれない!!

 

川村家

川村家や家具インテリアについてはコチラ

 

ちひろが母親に暴力を振るわれ、虐待された過去が明らかになる一方。

 

亮司の息子・亮太は実母が亡くなった日に「ママなんていらない」と言ったまま謝れなかった事実が明らかに。

 

10歳の子どもには重くのしかかりますね。

悔やんでも悔やみきれない。

 

でも、ちひろが「お母さんは、寂しさの裏返しで言った言葉を気にしていない」と言っているシーンは圧巻でした。

 

メアリージュンさんの演技に引き込まれますね!!

 

渡瀬家

渡瀬家や家具インテリアについてはこちら

 

いよいよ朔の高卒認定試験。

手にしていたのはわたるが渡したお守り。

 

隠れて勉強していた朔を尊重し、なぜ勉強しているかも聞かずにただ見守っていた姿に大人の愛を感じました。

 

小宮山家

小宮山家や家具インテリアについてはこちら

 

長女の優香は、亮太の「自分の人生だろ」という言葉に触発され、私立受験をやめて、公立校のダンス部に入りたいと母に告白。

娘の初めての主張にとまどう母・深雪もまた、親の期待に応えようと必死なのでした。

 

そんな深雪にちひろは「そんな毒親切っちゃえばいいよ」と自分が虐待されて育ったことを話したんでしたね。

奈々やちひろと話しているときはなごやかだったのに、家族に対しては急には変われないですよね。

 

 

今回の8話は4家族の展開が早すぎるし、本当に内容が濃くて、いろいろ考えさせられることばかりでしたね!

しかも、最後に小宮山家に離婚問題が。

夫は勝手に仕事辞めて、失業手当が切れたのにボランティアで子どもに勉強を教えるという。

長女はこれまでお金も自分の時間もつぎ込んで頑張って来た私立受験を辞めたいと言い出す。

 

2人ともが、人生は一回きりだから自分の人生を後悔したくないと言う。

夫にも娘にも自分が必死に守って来た家庭を否定されたようで。

自分の人生を否定されたようで。

 

じゃあ、私の人生はどこにあるの?と弱く問いかける深雪に、夫・真一郎は離婚を切り出す。

 

ちょっといきなりでびっくりしましたが。

深雪が見栄でインスタに幸せを装い、しかもけっこうなお金をかけていたことを知ったからでもあり。

 

今まで人のためだけに生きた深雪へ、

自分のために生きてほしいという、

真一郎なりの優しさだったのかなとも思いました^^

 

まあ、8話は詰め込み過ぎたから、こんな展開になったのもあるかな?

 

最後に、郵便受けに、真一郎の名前などが記入された離婚届が入っていましたね。

次回・9話で2人は離婚するのか、どうなのでしょうか?

 

住宅ローンの支払い中に離婚したらマイホームはどうなるの?

Sponsored Link

さて。

建てたばっかりの自慢のコーポラティブハウス。

 

コーポラティブハウスに限らず、マイホームを住宅ローンで購入する場合が多いですが。

住宅ローンの支払い中に離婚したら、マイホームはどうなるのでしょうか?

 

以前にコチラでも紹介しているので、こちらも参考にしてみてくださいね。

住宅ローンの支払い中の離婚はさらなる悲劇!夫が払えなくなれば妻が?

 

今回の小宮山家の場合は。

真一郎が子どもたちを引き取る。

俺が出ていく。

と言っていたので。

 

あれ?

子どもたちも出ていくって、学校変わっちゃう?

近所で探すのかな?

 

といろいろ考えてしまいました。

 

そんな場合は、こちら

1.住宅ローンの名義は夫のまま→夫が家を出て妻子が住み続けるケース

に当てはまります。

 

ただ、こちらは「妻子」と子どもは母と暮らすので、「養育費がわり」ですが。

今回は子どもは真一郎と一緒の可能性が高いので、深雪への「慰謝料」として、真一郎が家のローンを支払うことになりそうです。

 

一流商社を相談なしに辞めて、失業保険をもらい、やっと知り合いの塾の講師の職を得られたとはいえ。

自分の住む家と子どもたちとの生活費、深雪のコーポラティブハウスのローンと出費が多くなりますが、大丈夫でしょうか?

 

深雪の尻に敷かれて上手く生活していたようにも見えるので、いきなり一人で子どもたちの世話をしながら働くのは大変!

ドラマには登場してないけれ、、両親がご存命なら、実家に身を寄せて、子どもたちの世話を一緒にしていくのもいいかもしれませんね。

 

どちらにせよ、子どもたちは深雪と暮らしたがるのではないかなと思います。

真一郎もずっと深雪に支えられてきたから、離婚はなくなるのではないかと思います!

 

がんばれ深雪、真一郎!

 

夫婦で乗り越えて行ってほしいと思います!

こんな素敵なコーポラティブハウスのコミュニティに住めたんだから、住人たちと成長していけるでしょう!!

 

隣の家族は青く見える(となかぞ)9話で小宮山家が離婚?住宅ローンはどうなる?まとめ

隣の家族は青く見えるの家具インテリアはどこのブランド?

 

隣の家族は青く見える(となかぞ)9話で、ポストから判を押された離婚届を見つけて崩れ落ちる深雪。

 

深雪と真一郎の小宮山夫妻が離婚した場合は、深雪は専業主婦なので、慰謝料として今住んでいるコーポラティブハウスに居続け、ローンは真一郎が払うことになりそうです。

 

真一郎は深雪を残して、子どもたちと出ていくと言っていますが。

恐らく子供たちは深雪と一緒にコーポラティブハウスに住むと言い。

真一郎も。

なんだかんだ言って冷静に考えると、離婚はしないことになるんじゃないかなと推測します。

 

次回となかぞ9話が楽しみですね!

Sponsored Link

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアズホームをフォローしよう!


記事が気に入ったらとりあえず「いいね」!

コメントを残す